文字を出現させる方法を変えよう

この記事をシェアする

凝っているように見える

初心者向けの動画作成ソフトでも、凝っている動画を作れます。
その方法は、エフェクトを使うことです。
文字を弾ませたり、突然出現させたりできるので、視聴者を飽きさせません。
上手くエフェクトを使って、動きのある動画を作りましょう。
これから何個も、エフェクトを作りたいと考えている人も見られます。

エフェクトの種類が豊富な作成ソフトを使えば、毎回異なるエフェクトを使えます。
同じような動画をたくさん作っても、視聴者は増えません。
新鮮な動画を作ることを、意識してください。
事前にエフェクトの種類を調べることで、希望に一致するソフトを簡単に判断できます。
凝っている動画は、視聴者の興味を惹きやすいので再生回数が伸びると思います。

画面が変わる時に使おう

文字だけでなく、画面が変わる時にエフェクトをかけることができます。
ゆっくりと画面が変わったり、モザイクが晴れていくようなエフェクトがあります。
それを使うのもいいですが、使いすぎると画面が見にくくなってしまいます。
画面のエフェクトを乱用することは、控えてください。
本当に目立たせたいところだけ、エフェクトをかけるといいですね。

ゆっくり画面が変わるエフェクトは、自分で変わるスピードを設定できます。
もっとゆっくり変化させたい時は、時間を伸ばしてください。
逆にゆっくりすぎると思った際は時間を短くすると、早く画面が切り替わります。
少しずつ時間を変化させることで、最もふさわしい時間が決まるので少しずつ試してください。