雰囲気を盛り上げる際に使う

この記事をシェアする

音楽を追加してみよう

悲しい雰囲気の時は、静かなBGMを流してください。
逆に楽しい時は明るいBGMを流すと、感情が視聴者に伝わりやすいです。
初心者向けの動画作成ソフトでも、BGMを追加できるので活用してください。
しかしBGMをつけすぎると、うるさいと視聴者が感じてしまうかもしれません。
限度を考えてください。
本当に盛り上げたい雰囲気の時だけ、BGMをつけるといいですね。

初心者向けのソフトであれば、好きなタイミングでBGMを挿入しやすいです。
せっかく場面にふさわしいBGMを用意しても、タイミングが合っていないと違和感を抱きます。
適当なタイミングで、BGMを挿入しないでください。
細かくタイミングを見計らって、ベストな位置で流しましょう。

音楽には著作権がある

動画にBGMを追加するのはおすすめの方法ですが、著作権に気をつけてください。
著作権があるBGMは、勝手に使うことができません。
著作権フリーになっているBGMは、自由に使用できます。
商用の動画を使うなら、著作権フリーのBGMを選択した方がいいでしょう。
会社や商品を宣伝するために、動画を作る人がいるでしょう。

たくさんの人に見てもらえば、それだけ会社や商品に興味を持ってくれる人が増えます。
作った動画をインターネットや、テレビのコマーシャルとして流すのがいい方法です。
著作権があるBGMを使っても、誰も気づかないだろうと安易に考えないでください。
気づく人が絶対に存在するので、大きな事件に発展してしまいます。